2017年5月24日

がっちりホールド。

ねぇねぇ、おっちゃ~ん。
もうすぐ降り出すから~、
いまのうちに遊ぶのぉ~。

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月23日

見たまんま。

しあわせが顔に出ちゃうタイプなの〜♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月22日

甘えに妥協なし。

ますます暑さがこたえますねぇ・・・。
えっ、やっぱり乗るんですか?(大汗)

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月21日

そのとーり。

「気持ちいいのはこの辺でしたっけ?」と
尋ねたら、こんな顔して振り返るお嬢さん。

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月20日

かけのぼる青春。

おっちゃんまてまてー、にがさないのー!

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月19日

表情が物語る。

おひさま、木陰、膝の上。
もうサイコーの気分なのー♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月18日

誘惑が転がる。

おっちゃん・・・ねぇ、おっちゃん・・・♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

【我等音楽マサイ族 2017年5月18日放送分】

行進曲『旧友』/カール・タイケ [1889年作曲]

5月は体育祭シーズンということで、スポーツとは
切っても切れない音楽、行進曲の中から今朝は
特によく知られた作品、「旧友」をご用意しました。
この「旧友」はドイツで作られた行進曲の代表格と
言えるもので、作曲されたのは1889年、陸軍付の
音楽家、カール・タイケが手掛けました。今でこそ
有名なこの曲、作曲当時は全く評価されなかった
そうです。軍楽隊のために100曲を超える行進曲を
作ったものの、結局楽隊長が彼の作品を認める
ことはなく、失意のうちに陸軍を退役したとの記録が
残っています。こうして作曲家としては不遇だった
タイケですが、とりわけこの「旧友」は、たとえ曲名を
知らなくてもメロディーは分かる...というほどに、
誰でも一度は耳にしたことがあるだろうずば抜けた
知名度を誇る行進曲となっているのです。今日は
この曲を、名門の誉れ高いドイツ連邦陸軍第11
装甲擲弾兵師団軍楽隊の演奏でお送りしました。

photo

投稿者 まさい : 07:25 | コメント (0)

2017年5月17日

みてこうもん。

おっちゃんにおしり見せるのが日課なの。
今日も近くでしっかり見てもらうのー♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月16日

誘惑シリーズ。

おっちゃん、こっち! こっちなのー♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月15日

スピーディー。

お待ちかねのまったりタイム。
飛び乗って3分で、夢の世界。

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月14日

ボスは言いたい。

オイラも甘えるのはキライじゃないんだぜ。
・・・ぐふ・・・ぐふふ・・・ぐふふふ♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月13日

おしゃれ、めしませ。

雨上がりは、おめかし、おめかし。
全身念入りに仕上げちゃうのー♪

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月12日

ピンチはチャンス。

もうすぐ雨が降り出しそうなのぉ。
今のうちにいっぱい抱っこなのー。

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

2017年5月11日

安心するみたいです。

お昼にはずいぶん気温が上がりましたけど、
まるで冬みたいに丸くなって寝るお嬢さん(笑)。

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)

【我等音楽マサイ族 2017年5月11日放送分】

あまい囁き/ダリダ、アラン・ドロン [1973年]

フランスのAFP通信が昨日伝えたところによれば、俳優の
アラン・ドロン氏が、現在引き受けている仕事を最後に
現役を退く意向を示したとのことです。彼のデビューの
きっかけは21歳の時。「あなたはカッコイイから、映画祭の
時にカンヌをぶらぶらしていたら声をかけられるかもよ」と
勧められ、その通りにしたら本当にスカウトされたというから
驚きです。そしてデビューまもない彼が主役として大抜擢
された1960年の「太陽がいっぱい」の大ヒットによって、
アラン・ドロンの名はたちまち世界に知られることとなった
のです。「世界の恋人」と呼ばれ、当時のイケメン俳優の
代表格となったアラン・ドロンですが、そんな彼にまつわる
楽曲として何と言っても思い出されるのが、「パローレ、
パローレ」。この曲はもともと1972年にアルベルト・ルーポの
セリフに乗せてミーナが歌ったイタリア語のバージョンが
オリジナルですが、むしろ世界的に有名なのは、その
翌年に発表されたアラン・ドロンとダリダによるフランス語
カバーのほうでしょう。甘い言葉を連ねる男性に対して、
「言葉、言葉、言葉ばっかり。そんな口先だけの綺麗な
言葉には興味ないのよ」とあしらう女性の心が歌われて
います。邦題の「あまい囁き」は、そんな歌詞の内容を
うまく要約していて、語呂も含めてまことに秀逸です。

photo

投稿者 まさい : 07:25 | コメント (0)

2017年5月10日

とおっ。

おっちゃん、はっけーん!

photo

投稿者 まさい : 23:59 | コメント (0)